運動

身長を伸ばすのに運動が効果的なわけ

投稿日:

身長を伸ばすのに重要な3つの要素は、栄養・運動・睡眠です。
その中でも「運動」は、どんな役割があるのでしょうか?

適度な運動で生活リズムを改善し、成長を促す

身長を伸ばすには、適度な運動が効果的です。
体を動かすことそのものが
成長ホルモンの分泌を促すことはもちろん、心地よい疲労により熟睡を誘い睡眠中の成長ホルモンの分泌も助けます。
さらに
運動による適度な刺激が骨が強くなる食欲が増えるなど、身長の伸びに対してメリットが多いのです。

では反対に、成長期の運動不足は、どんながデメリットがあるのでしょう?

成長期の運動不足のデメリットとは

まず運動不足になると
日常でエネルギーを消費しないため、なかなかお腹が空きません。

そうなるとどうなるかというと

  1. 晩御飯の時間にお腹が空かないため、少食になり十分な栄養を取れない
  2. 深夜にお腹が空き始め、寝つきが悪くなり、熟睡できない
  3. 深夜に食べてしまったりすると、胃の消化運動でさらに熟睡できなくなる
  4. 熟睡できなかったため、朝の目覚めが悪くなり、朝食をとらなくなる
  5. 睡眠が足りない、朝食を食べないなどが原因で、一日の頭の働きが鈍くなる
  6. また運動不足の一日を過ごす

というように、悪循環が生まれてしまう可能性が高くなってしまいます。

運動をすれば

  • 食欲が増して、身長を伸ばすために必要な栄養をとるための「食事」を助ける
  • 適度な疲労で、成長ホルモンの分泌を促す「睡眠」を助ける
  • 熟睡できることで、朝もすっきりと目覚めて、一日を良い形でスタートできる

など、身長を伸ばすための良い生活サイクルを作ることができます。
運動ひとつで、子供の生活はこんなにも変わってしまうんですね。

どんな運動をすれば良いの?

運動といっても、激しい運動やスポーツは必要ありません。
「鬼ごっこ」や「キャッチボール」など、遊びの範囲の運動で大丈夫です。

学校で部活に入っている子、日常的に運動をしている子は、改めて運動量を増やす必要はないですが
運動習慣がない子は、平日はもちろん、休日など時間があるときに、適度な運動をする習慣をつけてみることが大切ですね。

 

-運動
-

Copyright© のびーるドットコム , 2019 All Rights Reserved.