成長についての基礎知識

身長は何歳まで伸びるの?成長期を長くするには

投稿日:

思春期に入る前の伸びが、最終的な身長を決める

身長は、思春期に大きく伸びます。
学校の夏休みが明けて久しぶりに友達に会うと、なんだか身長がかなり伸びた友達がいたりすることもよくありますね。

でも実は、「思春期にどれだけ身長が伸びるか」が、最終的な身長を決めるわけでないんです。
思春期は個人差はありますが誰でも身長が伸びる時期。
そして思春期が終わると、身長の伸びは止まってしまいます。
思春期はいわば、身長が伸びるラストスパートと言えるわけで
むしろ思春期に入る前が、大人になった時の最終的な身長に大きく影響してくるんです。

大人になる=身長が伸びなくなる

思春期は、子供から大人へと変化していく時期です。

日本人の平均的な「思春期が始まる年齢」は、男の子では11歳半ごろ女の子では10歳ごろ
男の子は声変わりや体毛の変化、女の子は初潮や乳房の変化など、心身ともに大きく変化していきます。

子供に対して「大人びている、しっかりしている」というのは褒め言葉としてとらえられることが多いですが、身長の伸びに関してはあまり嬉しいことでありません。
というのも
早く思春期を迎えることはつまり、「子供である時期が短い=身長が伸びる時期が短い」ということ。

思春期を迎え大人へ近づいていくと伸びしろがある軟骨部分が、もう伸びない骨として固まり、身長が伸びなくなっていきます。

あまりに早く大人へと近づいてしまうと、十分に身長が伸びないまま成人を迎えてしまう可能性があるんですね。

世界の年齢別平均身長から見える、成長期の大切さ

海外の人、特に欧米人は、日本人よりも平均身長が高いですが
実は中学生くらいまでは、日本人も欧米人も平均身長にあまり差がないんです。

その理由は、思春期にあります。
日本人は早い時期に思春期を迎えるために欧米人よりも早く成長が止まってしまうんです。

いっぽう
欧米人は思春期を迎える時期が日本人よりも遅いため、そのぶん身長を伸ばせる期間が長くなり、最終的な身長が高くなる。というわけなんですね。

身長が伸びる時期を長くするには

思春期を迎えるのを遅らせることができれば、身長が伸びる時期がそれだけ長くなります。
もちろん、遺伝子の影響に逆らって人為的に遅らせるなんてことは難しいのですが、体型や生活習慣に気を使うことで、ある程度はコントロールできる可能性があります。

食べ過ぎ、太り過ぎを防ぐ

子供の時期から太りすぎて肥満児になると、思春期を早く迎えてしまう傾向があります。

太っている子は、栄養を十分にとっている(むしろ摂りすぎている)ため、小さい頃や小学生までの頃までは周りの子よりも身長が高くなりやすいです。
しかし、太りすぎは思春期を迎えるのが早くなる傾向があるため、中学生になると、周りの子たちがぐんぐん身長が伸びていく中、太っている子の身長があまり伸びない、ということがあるんですね。

少しぽっちゃりしているぐらいなら全く問題ないのですが、明らかに太りすぎてる場合は子供の食生活や運動習慣を見直しましょう。

子供がストレスなく伸び伸びと過ごせるよう気を使う

家庭内で夫婦げんかが絶えないなど、子供の精神状態が不安定な状態が続くと、無意識に大人になろうとして思春期が早く訪れる傾向があります。
また、夫婦仲が良好でも、子供が個人的に悩みを抱えているなど、子供にとって日常的にストレスのある生活は好ましくありません。

ただ、自分の子供といってもプライバシーはあるため
子供の日頃の様子をよく見てコミニュケーションをとり、抱えている悩みを親として何か助けられないか考えることが大切です。

男の子では11歳半ごろ、女の子では10歳ごろが、日本人の平均的な思春期の始まりの年齢です。
食事や睡眠、運動など気を使いながら、思春期を早く迎えすぎてしまわないようにして、身長の伸びを助けてあげましょう。

-成長についての基礎知識
-,

Copyright© のびーるドットコム , 2019 All Rights Reserved.