食事・栄養

身長を伸ばすためにはタンパク質が必須。必要な量と効率的な摂取方法とは

投稿日:

身長を伸ばすためには、様々な栄養素が必要ですが
最も重要なものがタンパク質です。

タンパク質は、骨や筋肉の材料となって骨を大きくすると同時に、成長ホルモンの分泌を促す作用を持っています。

タンパク質が不足してしまうと
体の材料が足りなくなるのはもちろん、成長ホルモンの分泌さえも妨げてしまうため
成長期の子供には、大人よりもたくさんのタンパク質の摂取が必要となります。

小学生から思春期の子供には、大人以上のタンパク質が必要

小さな体なのに、どうして大人以上のタンパク質が必要なのでしょうか?

その疑問の答えは、「自動車づくり」にたとえてみるとわかりやすいです。
自動車は、最初に作り出す時に一番多くの材料を必要とします。
(無から有は作れないので、当然ですね。)

自動車が完成したあとは、新しく材料を使って追加でパーツを作ったりすることは基本的にありません。
どちらかというと
エネルギーとしてガソリンを入れたり、故障した部分がないかチェックしたり、修理したりするメンテナンスを行うことが重要になってきます。(自動車のカスタマイズが好きな人はその限りではありませんが)

人の体も同じです。

大人の体は、完成した自動車と同じく、すでに出来上がっている体。
子供に比べると確かに大きな体ですが

  • 活動するためのエネルギー
  • 健康を維持するだけの栄養素

を十分にとっていれば、そこまで多くのタンパク質(体の材料)を毎日摂らなくても大丈夫になります。

でも、子供の場合は違います。

  • 活動するためのエネルギー
  • 健康を維持するだけの栄養素

が必要なのは大人と同じなのですが、さらに

新しく体を作るための栄養素

が必要になってくるのです。

その「新しく体を作るための栄養素」の中でも、最も重要なのが「タンパク質」
だから、成長期の子供には、大人以上のたくさんのタンパク質が必要というわけですね。

では「たくさんのタンパク質」とは、じっさいどれくらいの量なのでしょうか。

子供には、一日に何グラムのタンパク質が必要?

タンパク質の種類や、子供の体重や運動量、発育のペースによって、必要な量は変化しますが
目安としては以下の表の通り。

[box04 title="体重1kg当たりの目安(一日)"]

0~6ヶ月 1.6g~2.6gほど
6~12ヶ月 1.8g~2.7gほど
1~3歳 1.4g~3.0gほど
4~6歳 1.35g~2.7gほど
学童期(前思春期) 1.1g~2.0gほど
思春期 1.25g~2.0gほど
成人 0.9g~1.1gほど

[/box04]

子供の体重に、上記の1kg当たりのグラム数をかけると、一日に必要なタンパク質のグラム数がわかります。

「思春期 1.25g~2.0g」のように、1kg当たりのグラム数にけっこう幅があるのは、子供の運動量などによって必要な量が変わる場合があるためです。

例えば、思春期の子供なら

体重50キロ
50×1.25=62.5g
※食欲旺盛で、身長の伸びがピークの時期には、50×1.5=75gほどを目安にすると良いです

体重50キロ(激しいスポーツをしているなど、運動量が多い場合)
50×2.0=100g

となります。

タンパク質を効率よく摂る方法

一日に必要なタンパク質の量がわかっても、
「食材ごとにどれだけのタンパク質が含まれているのか」を確認しながら毎日の食事をつくるのは本当に大変です。

そこで、効率的にタンパク質を取れる方法をご紹介します。

プロテインをとる

「プロテインって、筋トレをする人やスポーツをする人がよく飲むプロテイン?」と思いましたか?
そうです、そのプロテインです。

「筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなる」といううわさがあるように、
筋肉をつけるための食品として有名なプロテインにも、摂りすぎると筋肉モリモリになり身長が伸びなくなるといううわさがありますよね。
でも実際は、身長を伸ばすためにはけっこう効果的な食品だったりします。

プロテインは、タンパク質を効率よく取るための加工食品。
大さじ1杯で、15~20gものタンパク質が摂れます。
毎日の食事で十分なタンパク質が取れていない場合に、強力なサポートとなってくれるのです。

プロテインには、動物由来のものから、植物由来のものまで、たくさんの種類があります。
パウダータイプが主流で、水や牛乳に溶かして飲んだりします。

メーカーによってはチョコ味・バナナ味やイチゴ味・グレープフルーツ味など、甘い味になっているものが多いため、子供にも飲んでもらいやすいです。

おすすめなのは、牛乳にとかして飲むこと。
チョコ味のプロテインならチョコミルク、バナナ味のプロテインならバナナオレなど、美味しく飲めるだけでなく、
プロテイン+牛乳で、身長の伸びに必要な栄養素「タンパク質+カルシウム」を効率よく取ることができます。

もちろん、普段の食事で十分なタンパク質が取れている場合は、プロテインは飲む必要はありません。
ですが、普段の食事ではタンパク質は不足しがち。
お父さんお母さんが忙しくて、子供の食事のタンパク質の量まで気を使うことが難しいときは
プロテインを毎日の食事に取り入れることを考えてみましょう。

-食事・栄養
-

Copyright© のびーるドットコム , 2019 All Rights Reserved.